炭酸カルシウムを利用した新素材『Stone-Sheet®』のご紹介

炭酸カルシウムの原料である国産石灰石
Raw material for calcium carbonate

みなさん、こんにちは。島田商事株式会社です。

さて、今回ご紹介するのは、環境保全に配慮したサステナブル製品—CO2削減に貢献する新素材『Stone-Sheet ® 』です。

当社では、国連サミットで採択された、SDGs(Sustainable Development Goals)17のゴール・169のターゲットから、当社の事業活動において取り組むべき課題をISO14001で掲げた基本方針を基に、省エネ・省資源等、事業活動における環境負荷の軽減に努めるとともに、様々なお取引先と環境にやさしい商品の開発、普及に取り組んでおります。

島田商事のSDGS

リサイクルや生分解商品などの環境に配慮した商品開発を推進していく中、プラスチック削減に貢献する製品として「炭酸カルシウム」を利用した容器包装資材分野に対応する新素材の取り扱いを開始しました。

新素材—成形できる炭酸カルシウム『Stone-Sheet ®』

炭酸カルシウムと樹脂を混錬したマスターバッチ
Masterbatch 

「成形できる炭酸カルシウム」と言葉で聞いて、想像できない方も多いかと思います。

炭酸カルシウムとは石灰石を原料とする白色の粉末のことで、原料の石灰石は資源の少ない日本において自給率100%の資源です。

古くから、採掘され食品や建築に利用されてきましたが、50パーセント以上の炭酸カルシウムを含んだ樹脂成形製品として、樹脂成型品燃焼時のCO2の排出量削減を目指し、開発されたのが『Stone-Sheet ® 』です。

原材料の樹脂ペレットに炭酸カルシウムを51%以上混合したマスターバッチを製造し、射出・T-ダイ・インフレーション・ブロー・真空など多様な成形技術に対応し、多様な用途や製品に利用できるよう開発を進めております。

【Stone-Sheet®の特長】

  • ・防水性
    • 樹脂ペレットと炭酸カルシウム粉末を混錬しているため、防水性と耐久性に優れています。
  • ・防カビ/抗菌
    • アルカリ性である「炭酸カルシウム」の性質により、カビの発生を抑制し抗菌効果があります。
  • ・薄膜化に対応
    • 粒径が細かく白色度の高い炭酸カルシウムを原料にしているため、30㎛~800㎛の厚みでフィルム・シート状に加工でき、耐久性に優れた製品です。

≪成形品の例≫

例えば、以下の成形方法により、様々な用途・製品に対応が可能です。

  • ペレット
    • 射出成形:材料を溶かして、金型に流し込み(=射出)高い圧力をかけて製品を形作る(=成形)ことができます。
    • 成形例:ハンガー、シャツピン、歯ブラシ、くしなど
炭酸カルシウム素材のくしと歯ブラシ
【成形例】射出成形:歯ブラシ、くし
炭酸カルシウム素材のハンガー
【成形例】射出成形:ハンガー
クリップ_Lピン
【成形例】射出成形:クリップ、シャツピン
  • シート
    • 押し出し成形(単層/多層):フィルムやシートに特化した成形方法で加工でき、真空成形も可能です。
    • 3層構造(プラスチック+炭酸カルシウム+プラスチック)で食品衛生法370号に適用しています。
    • 成形例:シャツ襟キーパー、蝶キーパーなど
炭酸カルシウム素材の樹脂成型品シャツ襟キーパーと蝶キーパー
【成形例】T-ダイ:シャツ襟キーパー、蝶キーパー
  • トレイ
    • 真空成形:フィルムを成形材料として、加熱・可塑化した樹脂を金型上で真空状態にして、樹脂を金型に吸いつけることで成形します。
    • 成形例:容器トレイ
炭酸カルシウム素材の容器
【成形例】真空成形:容器トレイ
  • フィルム
    • インフレーション成形: チューブがまだ軟らかいうちに、口金から吹き込んだ空気でふくらませて薄いフィルムを作る成形方法。
    • 印刷用に加工ができ、インクが取れない資材柄・色なども入れて加工できます。
    • 成形例:袋状フィルム
炭酸カルシウム素材のレジ袋
【成形例】インフレーション成形:袋

低炭素・脱炭素社会の実現に向けて

昨今、低炭素・脱炭素に向けて、世界各国での取り組みが加速しているなか、日本でも2030年までの二酸化炭素排出量削減目標を2013年度比46%減という目標に取り組んでおります。

その目標に貢献できる製品の一つとして、二酸化炭素の排出が少なく、地球温暖化抑制が期待できる『Stone-Sheet ®』は、脱炭素社会の実現に積極的に取り組む企業への導入が進んでおります。

環境に配慮した容器・包装資材として、脱プラスチック製品やプラスチック代替製品への切り替えを推進し、経済性と環境性の調和を先駆的に進める企業からも関心の高い製品です。

≪環境メリット≫

地球環境へのメリット
  • ・従来のプラスチック製品と比較し、CO2排出を半減
  • ・可燃ごみとして扱える炭酸カルシウム配合樹脂製品
  • ・容器包装リサイクル法適用外によりコストメリットも実現

まとめ

いかがでしたか?

当社では、” CO2削減「炭酸カルシウム」で地球温暖化を緩和”を目指し、環境省のプラスチックスマートキャンペーンにも参加しております。

http://plastics-smart.env.go.jp/case/?id=2090

また、『Stone-Sheet®』を含め、様々なエコ資材を取り扱っており、バイオマス、再生ポリエステル、生分解、可燃のカテゴリーでサステナブルな製品開発を進めており、持続可能な社会の実現を目指して、次世代に繋ぐ「地球環境」を意識した取り組みをますます加速させていきます。

お問い合わせは、お気軽に当社島田商事までご連絡ください。

商品に関するお問い合わせ➡https://shimada1887.com/contact-product/

その他の記事

ご相談・ご質問などお気軽にご連絡ください。